忍者ブログ


【ゲーム制作メモ】シナリオにおけるNG
・キャラが多い……大人数を一度に出すと、何が何だか分からなくなります。
たくさんキャラを使いたい場合、必要のないキャラは無視するか、
あるいはキャラをチーム分けしてストーリーを並行させます
(ただし素人がやるとテンポが最悪になる。グダグダ)

・説明不足、説明過剰……説明が足りないとプレイヤーがストーリーを理解できなかったり
共感できなかったりします。逆に説明過剰ではストーリーで大事になる部分が、
他の枝葉末節なことによってぼやけてしまい、大事な部分がどれか分からなくなります。

・キャラ設定がなおざり……辛いものが苦手な娘がカレーを平気で食べている、などの
初歩的なミスだったり、行動や積極性、思考が場面によってバラバラだったりします。

・キャラがぶれる……上記と似てますが、少し違います。キャラのブレは、シナリオの進行
を優先しすぎて、キャラ設定を殺すことで生じます。例えば、最初は女王様っぽいドSな
キャラが、個人ルート入った途端ずっとしおらしくなっている、みたいなのです。
ドSなキャラ目的だったドMプレイヤーはガッカリものです。キャラ設定を無視した
シナリオを作ってないか注意です。

・わざとらしい伏線……白けます。半分ネタバレを食らっているようなものです。
もっと言うと、ほかの有名アニメやゲーム、小説などで用いられているのを流用するな、
ということです。オリジナルを大事に。

・ご都合主義……白けます。作者が、シナリオを完遂させる能力がないから手を抜いた、
と自白するようなものです。伏線を張らずに都合の良い展開にするのは、よほどの天才で
無い限りは駄目です。

・動機不足……人間、やる気を出すためには、分かりやすい目的、馬の鼻先につられた
ニンジンが必要です。動機が弱いと、このキャラなんでこんなことしてるん? みたいに、
プレイヤーが納得できなくなります。

・感動押しつけ……人が死に、病気で苦しみ、失敗し、財産を失い、
地位を失い、家族を失い、絶望し、でもその中で頑張っていく。ご立派ですこと。
しかし、そればっかりを書いたって感動してくれはしません。
おしるこを作るには、砂糖ばっかりまぶしても駄目です。お塩も結構必要です。
シナリオでも同じで、苦いことばっかりでは、苦いことは引き立たないものです。
甘いこと(愛とか、友情とか、成功とか)も隠し味に入れないと、
食えたもんじゃない。
苦さだけのゲテモノのシナリオにならないように。

拍手

PR


[ 2015/06/01 00:10 | Comments(0) | ゲーム制作メモ ]

コメントを投稿する






<< 【雑記】モンハン新作情報キタ━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!  |  ホーム  |  【雑記】字ばっかりで目が痛くなりそう >>